動物保護活動の通訳の経験

子供の頃からネイティブに英語を学んでいたので、仕事で外国人の上司や同僚のサポート役をしていた際に、動物保護活動をしている同僚の手伝いのために何度も通訳を行ったことがあります。

保護団体に保護された犬や猫を動物病院に連れて行った際に、獣医や看護師とのやり取りの通訳をしたり、彼女達が外出先で迷い犬や猫を見つけた際には、電話を通してそこにいる人やお店の人とのやり取りの間に入って通訳しました。

私自身も動物が大好きですし、少しでも処分される動物を減らしたいと思っていますので、通訳をすることによって少しでも彼女たちの動物保護活動をサポートできるのは嬉しい事でしたし、やりがいもありました。

また保護した犬や猫の引き取り手を探すためにネットに広告を載せたり、電話のやり取りのお手伝いをして、最終的に引き取り手が決まった時にはすごく嬉しかったです。通訳をすることによって、自分が今まで知らなかった事を知ることが出来たり、新しい経験が出来るのは素敵なことで、英語を学んで来て本当に良かったと思います。