部下を動かす権限がIT保守を面白くする

PR|SI企業向けのPC管理

動き続けて当然と言われるシステムの保守担当に抜擢されれば、交替勤務制により昼夜の境目を自覚できない環境に身を置くことになります。作業手順を頭に叩きこむことは大事ですが、その他にも仕様を把握するなどシステムの理解を深める勉強が欠かせません。一日の仕事が終わっても保守のことが頭から離れない作業者は山ほどいるので、体力的にも精神的にも極限の状態を維持して働く覚悟が必要です。そんなIT保守の楽しみを挙げるとすれば、作業所内の立場が上がり部下を持つようになったときです。保守作業において、部下は自分自身の分身と言っても大げさではありません。能力差がある人たちを現場に配置してからは、遅かれ早かれトラブルが発生します。すぐに復旧できたなら、人選や指導が間違っていなかった現実を直視できて気分が上向きます。IT保守の功績が認められると、さらに上の立場に抜擢される可能性は高いです。部下を思いのままに動かして結果を出す醍醐味は、保守技術と人間力が高いレベルで両立できていれば感じられます。

お家の見直ししま専科|JALカード|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|女性の人生|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|住宅リフォーム総合情報|ショッピングカート|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|