積極的な会話が鍵になります

PR|注文住宅は高くつくという幻想

最近は国際化社会になって、英語が使える日本人というのも多くなりました。もちろんとても良い事だと思います。しかし、英語以外の語学となるとどうでしょう。

私の近所のレストランではイタリア人だという女性が働いていました。カタコトですが、日本語も上手で驚きました。どうやって覚えたのかというと、日本語学校に行った訳でも、家庭教師をつけた訳でもなく、日本の音楽で覚えたそうです。それもかなり昔の、いわゆる懐メロにはまったらしく、アクセントも一生懸命勉強していました。私は英語は学校で習ったレベルで、他の国の言語というとチンプンカンプンでした。そこで、私は思いきって彼女にイタリア語を教えて欲しいと言いました。レストランに来た時だけで良いからと言うと、彼女は代わりに日本語を教えて欲しいというのです。言葉は知っているが意味までは分からないと。私は了承しました。

イタリア語でボンジョルノというのが挨拶だと知っていたので、彼女に言うと、「今は夕方だからボナセーラです」と教えてもらいました。そんな風に軽く会話をしながら覚えていくと、意外と楽しいんだなと思いました。それからも彼女からは簡単なイタリア語を教えてもらいました。意外と知らない事も多かったりして、私にとってはかなりの驚きの連続でした。私も彼女に聞かれる事を答えたのですが、「雅ってどういう意味ですか?」と聞かれて咄嗟に答えられませんでした。少しだけ日本人として情けなくなる瞬間でした。

彼女がイタリアへ帰るまでそういった交流が続き、私はベラベラまではいきませんが、ある程度のイタリア語には詳しくなりました。

あの時、積極的に自分から声をかけて良かったと思いました。レッスンを受けるのも良いのですが、こんな風に交流をしながらお互い覚えるというのも良いと思います。

その方が、とても覚えやすい気がするのです。テレビでイタリア語が聞こえてきて、すぐに意味が分かるとちょっと得をした気持ちになります。

PR|お家の見直ししま専科|JALカード|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|女性の人生|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|住宅リフォーム総合情報|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|